脱毛方法の種類

脱毛方法の種類とは?「今年は必ずしも脱毛しよう!」と思い立っても、実際に調べてみたら、その脱毛の種類(それぞれに違いがあるものです)の多さにびっくりすると思います。それでは、脱毛法には一体どれくらいの種類(時には新しく発見されることもあるようです)があるのでしょう。まず、脱毛のやり方は、エステサロンなどで施術を受ける脱毛法と、自分で処理を行う脱毛法に分けられます。エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)サロンなどでおこなわれている脱毛法には、以下のような種類があります。

・レーザー脱毛

レーザー光を利用し、毛根やその周辺組織を熱破壊して脱毛します。永久的な脱毛効果ありといわれており、短い時間で脱毛が可能な上に痛みも少ないことから、人気がある脱毛法です。

・電気脱毛

細い針を毛穴に差し込んで、その針に電気や高周波を流して、毛根部を破壊して脱毛します。この針に流す電気の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)によっても、「高周波法」、「流電法」、「ブレンド法」に分けられていて、現在では、高周波法と直流の弱電流を流す流電法を組み合わせたブレンド法が主に行われています。また、この針の種類によっても、「絶縁針脱毛」、「ニードル脱毛」に区別されていて、絶縁針脱毛は医療機関(公的医療機関と私的医療機関があります)のみに使用が認められているようです。

・光脱毛

脱毛の仕組みはレーザー脱毛(産毛の脱毛は難しいようです)とほぼ同じで、費用が割安で痛みが少ない脱毛法です。

次に、自分で処理を行う脱毛法としては、以下みたいな種類が一般的でしょう。

・カミソリ

・毛抜き(その商品によって抜きやすさが違うものです)

・脱毛クリーム(その商品によって、置く時間が違うでしょう)

・ワックス脱毛

・テープ(塗装をする時に使うと、はみ出さずに上手に塗れます)脱毛

・家庭用脱毛機器

一言で脱毛といって、これだけの種類があります。いずれの方法で脱毛するにしても、その方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)の利点と不利な点をちゃんと理解した上でする場合が大切です・







ミュゼプラチナム