多毛症とは

多毛症とは? 脱毛に直接の関係はありませんが、記載しておきます。
ご自身の毛は他の人よりもちょっと濃いかもしれないと思ったことはないでしょうか。

人の毛の濃さというものは、人による違いがあって一概にはいえありません。
でも、あなたが女性であるのに毛が異常に濃いと感じていらっしゃいますからあれば、
一度、多毛症を疑ってみた方がいいでしょう。多毛症とは、婦人科の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の一つで、
男性にのみ毛が生えているような箇所に女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の場合にも毛が生えてくる症状をいうのです。

具体的にいえね、唇の周りや顎、乳房の周り、へその上下、太股など、男性にだけ生えていると思われている箇所に、
硬くて濃い毛が生えてくるだと言われているんです。多毛症の原因としては、遺伝的・体質(体型や性格など、
それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)的なものによる「特発性多毛症」と、
卵巣の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)で特殊な疾患
(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)の「多嚢胞性卵巣症候群」とに大きく分けられます。


また、その他にも、卵巣・副腎・脳下垂体などといった異常によるケースも考えられるはずです。

多嚢胞性卵巣症候群による多毛症の場合には、ピルや抗アンドロゲン剤によるホルモン治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)などが行われます。
もし、薬物治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)で思うような改善効果が得られない時には、医療レーザーや電気絶縁針を使用し、
永久脱毛(エステサロンや医療機関の他、最近では家庭でも行える機器が売られています)を行うという治療法もあるみたいです。


この場合の永久脱毛(レーザー脱毛や光脱毛などがよく行われていますね)は、あくまでも病気(先天的なものも少なくないでしょう)の治療

(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の一環ですので、保険が適用されることを覚えておいて下さいね。

もし、あなたが一部分の毛や全体的に毛が濃いことで悩んでいるのなら、恥ずかしがらずに婦人科の専門医を受診してみてください。
エステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。

痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)で相談するよりも、ずっと安く確実に悩みが解決できるはずです・







ミュゼプラチナム