全身脱毛 iライン

脱毛処理を行った後に、毛穴に膿が溜まって吹き出物みたいな状態になった経験はありませんか。
吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)かな?
と思って放っておいたら、いつの間にか綺麗になくなっていた場合は、にきびではなくて、
「毛膿炎」だったのかもしれませんね。毛膿炎とは、不潔な場所で脱毛処理を行ったり、

毛抜き(太めのピンセットのようなものでムダ毛を抜きます)やカミソリ(三枚刃、四枚刃とどんどん刃の?が増えていって、
ついに五枚刃のものまで出ています)などで深く脱毛することにより、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、
一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)を傷つけてしまったりして、毛穴から細菌が侵入し、
毛根の周りに炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を起こす事をいうのです。

毛膿炎のできやすいところは、主にちゃんとした毛が生えている箇所で、顎や胸毛(人気お笑い芸人のピースの綾部さんの胸毛が有名ですよね)、
わき、vioハイジーナ(ビキニライン)に多く、脱毛してから3~4日後に発症するケースがほとんどでしょう。

毛膿炎の炎症は軽いので、そのままにして於いても大抵の場合にはきれいに治るので、あまり心配はいりませんが、
ごく稀に赤みや腫れ、痛みを伴う可能性があります。その場では、きちんと医師に診断してもらうことが重要なんです。

医師の診察を受けて、適切な処置をして貰う事で、それ以上は他の脱毛箇ところに毛膿炎が広がらずに済みますし、
跡が残る心配もなくなるでしょう。

もし、脱毛後、3~4日くらい経ってからニキビっぽい症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が
皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)に現れたら、
炎症部分を消毒して清潔に保つよう心掛け、赤みや痛みがないか注意してみるようにしてください。

また、一、二個の毛膿炎ならば気にもしないでしょうが、複数個出来る為しまって目立つようであれば、
のみ薬や塗り薬(塗布する範囲や使用感などによっても、適した剤型が違ってきます)などを処方してもらうと、すぐに良くなります・







ミュゼプラチナム